【活動報告 Report】 新着情報

2018/08/14

PCY2018海外プログラム御礼

PCY2018海外プログラムにて7月30日~8月4日までIT先進国エストニアと高福祉国家フィンランドへ学生16名と共に行って参りました。

プログラム実施に当たり、非常に多くの方にご協力を賜り、無事に終わることができました。誠にありがとうございました。

引き続き、PCYをよろしくお願いいたします。

airport1

国内留学生ただいま絶賛募集中!
エントリーは下記よりお願いいたします。
http://pcy.osaka-jc.or.jp/pcy2018/japanese/entry2018.html

#PCY #大阪青年会議所 #SDGs #JCI #JCIエストニア #JCItoompea #eestonia#SEBbank #LAPINLAHTI #東北福祉大学 #フィンランド仙台健康福祉センター #Mektory #千鳥屋

 

2018/08/14

【PCY海外プログラム5日目】

(aalto大学訪問)
イノベーション創出の大学と言われているaalto大学へ訪問しました。aalto大学は、ヘルシンキ経済大学、ヘルシンキ技術大学、ヘルシンキ美術大学の3つが統合してできた比較的新しい大学で、20世紀を代表する建築家であるアルベルト・アールトの名前を関した大学です。大学が多くなりすぎたことを背景として大学を統合するとともに、様々な学部の垣根を越えてイノベーションを創出しています。構内を現地のフィンランドに興味のあるという学生に案内していただき、アールト建築のみならず、歴史を学ぶとともに、大学の在り方について考える機会となりました。
aalto aalto2 aalto3 aalto4 aalto5 aalto6 aalto7 aalto8 aalto9 aalto10 aalto11
 
(ヘルシンキ市街地ワーキングプロジェクト)
ヘルシンキ中央駅からヘルシンキ大聖堂までの道のりを歩きながら、石畳と歴史的な建造物や美術品に触れることでフィンランドの歴史と文化について感じ考える機会となりました。
 hlsinki1 helsinki4 helsinki3 helsinki2
 
 
2018/08/14

【PCY海外プログラム4日目】

(KELA訪問)
4日目は、フィンランドの社会保険庁KELAへ訪問しました。フィンランドの社会保険庁は、年金制度や社会保険制度を統括しており、1937年からの歴史を振り返り、子供が生まれた際にもらえるマタニティパッケージを実際に見ながらKELAの職員の方と意見交換をしました。kela3 kela12 kela11 kela10 kela9 kela8 kela7 kela6 kela5 kela4
 
(ISO OMENA訪問)
ISO OMENAとは、エスポー市の新しい取り組みで、KELAやネウボラといった病院や福祉施設とショッピングモールを統合した施設を訪問しました。ISO OMENAの近くに住んでいるアンティライネン千里さんに案内していただきながら、ISO OMENAで働く現場の方々の意見をききました。
isoomena6 isoomena5 isoomena4 isoomena3 isoomena2 isoomena
 
(LAPINLAHTIでのワークショップ)
LAPINLAHTIは、元精神病院で、現在はそのたたずまいを残すものとなっています。かつての精神病院は現在はMENTAL MUSEUMとして保存されており、訪問したのち、東北福祉大学からラウレア応用科学大学に交換でヘルシンキに来られている萩野先生に、日本とフィンランドの大学及び福祉事情に関する講義を受けました。その後、5グループに分かれてテーマを分けてワールドカフェの手法を用いて、ワークショップを行いました。
lappin21 lapin29 lapin28 lapin26 lapin25 lapin24 lapin23 lapin22 lapin21 lapin20 lapin19 lapin18 lapin17 lapin16 lapin15 lapin14 lapin13 lapin12 lapin11 lapin10 lapin9 lapin8 lapin7 lapin6 lapin5 lapin4 lapin3 lapin2 lapin1
 
(HOLIDAYにてフェアウエルパーティー)
海外プログラム最後の夜は、海岸近くのフィンランド料理店HOLIDAYにて、フィンランドの学生と共に旅の思い出を振り返ると共に、互いの文化や歴史に関してのディスカッションをしました。
holiday5 holiday4 holiday3 holiday2 holiday
2018/08/14

【PCY海外プログラム3日目】

(スカイプ訪問)
エストニア初のスタートアップ企業のスカイプ本社へ訪問しました。
スカイプの歴史とこれから10年に関してなど活発な質問が学生から飛び出し、エストニアの働き方について学びました。スカイプがきっかけとなって様々なスタートアップ企業が生じているエストニアの起点となるオフィスへ行きました。
 
カラフルでアーティスティックな環境の企業オフィスは日本とは全く異なるものでした。
 
skype6 skype5 skype4 skype3 skype2 skype1
 
 (Mektoryにてレクチャー及びワークショップ)
 
Mectoryタリン工科大学で、研究室を見て回りました。こちらは様々な研究テーマに合わせた部屋があり、日本ルーム、アメリカスペース、インドルーム、オーストラリアルーム、ドイツルームなど国の文化を参考にしたもの、サウナとプール、ダンスホールの研究室、エネルギー研究室など用途に合わせた研究室がありました。また、多くの企業の協賛を受けており、マリメッコの部屋などもあります。見学し、実際のものをみて体験しました。
 
Mectory19 Mectory17 Mectory15 Mectory13 Mectory11 Mectory9 Mectory7 Mectory5 Mectory3 Mectory20 Mectory18 Mectory16 Mectory14 Mectory12 Mectory10 Mectory8 Mectory6 Mectory4 Mectory2
 その後、エストニア発のNPOであるJUST DO ITの運動であるworld cleanup dayのプレゼンテーションを受けました。130万人しかいない国であるエストニアから150か国に広がる運動となったパッションを感じました。
 wcd7 wcd5 wcd3 wcd1 wcd9 wcd8 wcd6 wcd4 wcd2
そして、JCIエストニア会頭ヘンリーにファシリティをしていただき、エストニアの学生と日本の学生が混じって、SDGsゴール3に関して日本とエストニア双方の国の問題に関してディスカッションとシェアを行いました。
Mectory1 henry20 henry19 henry18 henry17 henry16 henry15 henry14 henry13 henry12 henry11 henry10 henry9 henry8 henry7 henry6
 
 
 
2018/08/14

【PCY海外プログラム2日目】

(タリン市街地散策)
世界遺産にも登録されているタリン市街地の散策プログラムをエストニアの学生及びJCIエストニアのメンバーと共に実施しました。エストニア国会議事堂や各国領事館などの街並みをエストニアの学生のガイドをうけて主として歴史や文化について様々な意見交換が出来ました。
 
(e-estonia訪問)
エストニア政府の広報機関へ訪問しました。実際に先端技術に対する国としての取り組みや、さまざまなスタートアップ企業の産物に触れることができることができました。
 
(SEB銀行訪問)
SEB銀行では、イノベーション創出の方法を学びました。SEB銀行はスタートアップの育成、企業のイノベーションを創出すべくワークショップやプレゼンテーションを多数行っており、エストニアの学生の起業家教育などの状況についても学びました。
 
(夕食会)
Rae Meiereiにて夕食を日本の学生とエストニアの学生と様々な点で意見交換ができました。エストニアの学生は会社の経営をしているメンバーも参加しており、刺激になりました。
 
 散策プログラム6 夕食2 散策プログラム5 散策プログラム4 散策プログラム3 散策プログラム2 散策プログラム1 ランチ3 ランチ2 ランチ1 SEB9 SEB8 SEB7 SEB6 SEB5 SEB4 SEB3 SEB2 SEB1 eestonia8 eestonia7 eestonia6 eestonia5 eestonia4 eestonia3 eestonia2 eestonia1 夕食3 夕食4 夕食5 夕食6 夕食7 夕食8 夕食9 夕食10 夕食11
 
 
 
 
 
2018/08/14

【PCY海外プログラム報告1日目】

学生が16名JCI大阪メンバー5名の総勢21名で行ってまいります。
 
関西国際空港に8時に集合し、全員欠けることなく出発できました。
 
初日は、関西国際空港からヘルシンキヴァンター空港まで直行便で約9時間の空の旅でした。飛行中は、北欧文化への理解を深めていただくため北欧映画とフィンランドミュージックを聞くという課題を学生の方々にはしていただきました。
 
その後、空港からバスに乗り、ヘルシンキ大聖堂へ。これからスタートする研修の束の間の観光を楽しみました。バスの中では矢本委員長より、PCYの歴史とプログラム趣旨、そして注意事項についての説明がありました。ガイドは日本人とフィンランド人のハーフのコッコさんが勤めてくださいました。
 
昨年度できたばかりのヘルシンキ港からSTARにのって、エストニアの首都タリンへ。
 
船内では、船内のホットディッシュであるバーガーキングを食べながら、
機内で見た映画やフィンランド文化、今回の旅に期待することなど様々な話題について
P・C・Yの3チームに分かれて意見交換しました。
 
そして宿泊先のMetropolホテルに到着したのは10時(日本時間朝4時)のため、早々と部屋に戻りました。
 
無事に全員が、目的地までたどり着くことができましたことにひとまず感謝申し上げたいと思います。
関係者の皆さま、誠にありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。
 
 1niti7 1日目11niti51niti21niti61niti31niti4
 
 
 
2018/08/14

【バーチャルカンファレンス】

【バーチャルカンファレンス実施】

6月30日に関西大学梅田キャンパスにおきまして、バーチャルカンファレンスを行いました。

基調講演として、大阪大学のヴァージルホーキンス先生にSDGs3についてご講演いただき、その後、日本/台湾/タイ/エストニア/南アフリカの学生に、各々の自国のSDGs3についてプレゼンしていただきました。

PCYメンバーたちは国境を越えて、これからともに世界を作っていく仲間たちと議論を深めました。

終了後のPCYメンバーを対象としたアンケートでは

・世界には深刻な問題が多くあり、若者が時間をかけて取り組むべきだと思った
・環境が違うと考え方や価値観が異なると理解できた
・自分たちが享受している利益が、他国の不利益に結びついていることがわかった

など、世界の問題について当事者意識が感じられるものが多くありました。

 

VR VR2 VR3 VR4 VR5 VR6 VR7 VR8 VR9 VR10 VR11 VR12 VR13 VR14 VR15 VR16 VR17 VR18 VR19 VR20 VR21 VR22

 

2018/08/14

【PCY2018開講式】

kaikousikitakeda kaikousikisdgs3 kaikousikisdgs2 kaikousikisdgs kaikousikiranieru kaikousikiohara2 kaikousikiohara

 

2018年4月28日、PCY~Peace Conference of  Youth2018~の開講式を行いました。

PCYとは、大学生・大学院生を中心として世界の学生と日本の学生が学生ができる世界平和をテーマに社会課題とアクションプランについて話し合うリーダー育成プログラムです。

開講式では国連ヤングリーダーであり、人工知能、疫学的専門知識およびデータ分析を使用して主要な疾病の発生を予測するツールを開発した疫学企業であるAIMEの共同創設者兼CEOであるRanier Mallol氏、SDGsを推進している団体に所属しており、事業戦略を実践している小原愛氏もお招きして、基調講演を行いました。

また、SDGsカードゲームを行い、SDGsへの理解を深めると同時にチームビルディングを行いました。

 

 

2016/09/11

World Expo 2016 

World Expo 2016
当日のPCYの発表動画は下記からご覧いただけます。

PCY2016_Presentation

2016/08/30

PCY2016 スタート

DSC_7751

  • Charter of PCY
  • PCY Archive
  • PCY活動報告
  • Osaka JC
  • 一般社団法人大阪青年会議所は、SDGs達成に貢献することにコミットしています
  • Virtual Conference
Became a Fan!
PAGETOP